IT活用術 デジタルアシスト

LINE WORKS 他チャットツールはありますが、Chatwork(チャットワーク)を選んだ理由

更新日:

Chatworkオススメ!
CreateSho
こんにちは、クリエイトアイ石原です。ご覧いただき、ありがとうございます😊

コロナショックで世の中が大変革を余儀なくされる今日この頃、いかがお過ごしでしょうか!?

私もコロナショックが良い機会なので今後の事業を見つめ直し、よりテレワーク可能な体質にしようと思い、いろいろと調べていました。

テレワーク

今後はテレワーカーやフリーランスの方が増えると思いますので、今後こちらで仕事に役立つビジネスツール、仕事整理術を掲載していこうと思います。

 

その中で今回ご紹介するのは、チャットツールに関してです。

チャットツールの中でもよく知られているのが【LINE】や【Facebook Messenger】で私も使用していますが、仕事で利用するには負に落ちない点が出てきました!

またこのチャットにより、通常のEmailをあまり使わなくなり、大事なメールが迷惑メールに埋もれている場合も多く、改善できないものかと調べていたら、【Chatwork(チャットワーク)】を発見!

働き方改革

すでに活用されている方も多いようで、私は遅れているな!と実感しています(笑)

そんなわけで、いろいろなチャットツールがある中で【Chatwork(チャットワーク)】を選んだ理由をまとめてみました。

【チャットワーク】を選んだ理由

【チャットワーク】を選んだ理由

  1. Facebook Messenger、LineとEmailを使っていて、ビジネスに関して1本化したい。仕事とプライベートの使い分け
  2. Emailは迷惑メールが多く、大事なメールが埋もれてしまう
  3. Emailはレスポンスが遅かったり過去のやりとりを見返しづらい
  4. FB MessenngerやLineは既読機能がついているのですぐに返信しないといけないと思い、ストレス
  5. 誰でも使いやすく、ビジネスシーンに最適なチャット
  6. マイチャット機能がついていて、意外と便利!
  7. メールだと不便な「共有」や「履歴の追いづらさ」がなくなり、時間短縮
  8. タブレット、スマートフォンにも対応している
  9. 社外の人ともチャットしやすい
  10. 銀行レベルのセキュリティ水準を満たしています
  11. メッセージの編集も削除も自由自在!ちょっとした誤字の修正から、間違った相手に送ってしまったメッセージや資料の削除まで、「あ!やっちゃった!」を撤回することもできます。

以上を考慮して私は選びました。

フリーランス

【1の仕事とプライベートの使い分け】ではおおよそ、Facebook Messenger・Emailは仕事系、Lineはプライベートとして使っていますが、今は全てのツールがごちゃ混ぜになっています。

Facebook(FB) Messengerは、Facebookをやっていないと使えないツールで多くの人は、LineをやっているのでLineでグループを作って仕事の話をしたりします。

そして仕事の場合、Emailで書類を添付して送り、Messengerで送りましたと連絡する2重の連絡をする方が多く、少しでも簡略化できないものかと思っていました。

【4】に関しては、既読表示があると「早く返信しなくちゃ~」という気分になって、自分のペースで仕事ができなくなるので、私にとって最大のストレス!またONとOFFの区別がつきにくかったのですが、これだけでも気分的に楽になります。

【6】に関して、使ってみてこれはメモがわりにもなるし、個人の備忘録としても残しておけて大変便利な機能です。

その他にも赤色の文字は個人的に大変、気に入っています。

というわけで、Chatwork含めチャットツールを調べたことをまとめてみましたので、ご検討されている方にご参考になれば幸いです😊

Chatworkとは

テレワーク

アカウントを持っていれば社内だけでなく、他企業とのコミュニケーションも取りやすいビジネスチャット

用途に応じたチャットルーム

グループチャット

マイチャット

自分だけのチャットで個人のメモやタスク管理、ファイル管理ができる

個別チャット(ダイレクトチャット)

1対1のルームで相手と直接やりとりできる

グループチャット

  • プロジェクトや用途ごとにルーム分け
  • 複数人で会話できる
  • CC入れ忘れなどを防げる
  • 後からメンバー追加しても過去のトークを読むことができる⇒1から説明しなくて済む
    ※LINE WORKSは使ったことないのでわかりませんが、LINEは途中参加は前の内容は見れない
  • 情報が混ざらない、管理しやすくなる

メールより便利なメッセージ

タスク管理

TO・返信機能

  • 重要なことやすぐ返信が欲しい時、TOや返信を付けると、相手にプッシュ通知される(ただ相手がプッシュ通知設定していないとだめ)
  • トーク参加者全員に通知する『ALL TO』もある
  • 緊急度の使い分けもできる

発言を引用してコメントできる

  • 引用することで何の話か分かりやすく伝わる
  • チャットに参加していない人に、部分的に伝えたい時
  • 発言へのリンクを貼り付けることも可能

既読がつかない

  • 返信しなくてはいけないプレッシャーをなくす
  • 一度読んだメッセージも未読に戻すことができる⇒時間がなくその場で読んで、後から返信する場合、未読に戻しておけば忘れにくくなる

削除・編集が自由にできる

タスク管理

各ルームでタスク設定できる(タスク期限も設定できる)

自分以外へタスク設定・確認も可能

  • 依頼したいことをタスクで投げる
  • 全体の進行状況もわかる

ファイル共有

  • Word、Excel、PDF、画像、ZIP etc 様々なファイルをアップロードして共有(無料プラン5GBまで)
  • 過去のファイルを検索可能

そのほか

  • ビデオ通話/音声通話ができる
  • 感情を伝えやすい絵文字(エモーティコン)

Chatwork(チャットワーク)はこちら

チャットツール紹介

Chatwork(チャットワーク)

Chatworkオススメ!

  • 使いやすさ、PCが慣れていない人でも分かりやすい、仕事のしやすさ(ToDo管理ができる)
  • ChatworkはITに詳しくない人でも使いやすいデザインになっているので、非IT業界でも導入されているようです。
    なかでも弁護士や税理士、社労士事務所などの士業や介護業界、建築・建設業界への導入に力を入れているようです。

確かに使ってみて、PCがなれていない人でも使いやすい設計になっていると思いました。

Chatwork(チャットワーク)はこちら

Slack(スラック)

slack

  • アメリカ発のチャットツール
  • IT系やエンジニアの間で人気
  • IT苦手な人は少し使いづらいかも

Slack(スラック)はこちら

LINE WORKS(ラインワークス)

LINE WORKS
LINE機能はそのまま使えるビジネス版LINE

LINE WORKS(ラインワークス)はこちら

Chatworkとの比較

LINE WORKS

LINE WORKSにあって、Chatworkにないもの

  • グループの誰が既読していて、だれが既読していないのかを一覧で確認することができます
  • セキュリティ面では通信時のデータが暗号化(https)されるほか、スマホの盗難・紛失時には遠隔でアクセスを切断することができます
  • ビジネスシーンで便利なカレンダー共有機能
  • LINE WORKSは、唯一LINEと直接繋がれるビジネスチャットですので、顧客側がLINE WORKSに登録していなくても、普段のLINEでコミュニケーションができます。
  • LINEで間違って送ってしまったメッセージを、削除することが出来ないのはご存知かと思います。
    端末にメッセージが残るので、自分側は削除できても、相手に届いてしまったデータを消すことはできない。

Facebook Messenger

Facebook Messengerにあって、Chatworkにないもの

  • グループの誰が既読していて、だれが既読していないのかを一覧で確認することができます
  • セキュリティ面ではどうか心配???(Chatworkは銀行レベルのセキュリティ水準)
  • Facebookで友達になっていれば、簡単にメッセージを送れる

Chatworkのメリット・デメリット

リモートワーク

メリット

  • メールの定型文挨拶不要(お世話になります、よろしくお願いいたします、etc)
  • 会話の履歴、添付ファイルを追いやすい
  • メールよりテンポの速いコミュニケーションが可能
  • 1対1だけでなくグループトークで情報共有
  • 社外の方ともチャットしやすい
  • グループで誰に話かけているかTo機能を利用して相手にわかる機能になっている

つまり・・・
電話やメールより使いやすく、効率の良いやりとりができる

デメリット

  • グループチャットを無料で使えるのは累計14グループまで
  • 1対1でのビデオ通話/音声通話のみ
  • データ可能容量 5GBまで

Chatworkの活用方法(例)

テレワーク

  • マイチャット⇒自分のタスクの備忘録とかメモ
  • 日報チャット⇒退勤時に日報をまとめて流す
  • Tipsチャット⇒オススメのツールや問題解決策を共有する
  • 勉強チャット⇒個人やチームで学習したことをメモ
  • アイデアチャット

まとめ

長い文章になりましたが、私がChatworkを選んだ理由は

  • 非IT業界の方が使ってもわかりやすい
  • Mac、Winndows、スマホ、タブレットに対応していること
  • ビジネスとプライベートの使い分けができる
  • 既読機能がないので、早くに返信しなくてはいけないプレッシャー・ストレスがない
  • 各自の設定によってTOや返信を付けると、相手にプッシュ通知される。トーク参加者全員に通知する『ALL TO』もある
  • マイチャットで個人のメモやタスク管理、ファイル管理ができるのは何気に便利!
  • 各ルームでタスク設定でき、タスク期限も設定できるのは私にとっては便利!

とほかにも使っていけば、便利な使い方があると思うので、その時は随時こちらでご紹介したいと思っております。

少しでも参考になれば、幸いです

友だち追加

CreateSho
最後までご覧いただき、ありがとうございます😊それでは、また✋

 

  • この記事を書いた人

CreateSho

神奈川・東京でホームページ制作,映像制作,写真撮影を中心に行っています。YouTubeにおいて実践していることを活かし、お客様へのサポートも行っております。どうぞよろしくお願いします(^_-)-☆

-IT活用術, デジタルアシスト

Copyright© クリエイトアイ , 2020 All Rights Reserved.