写真・動画

画面比率(アスペクト比)について

投稿日:

画面横縦比
CreateSho
こんにちは、クリエイトアイの石原です(^_^)

今回は画像のよく使われている「画面の横縦比(アスペクト比)」について、私の備忘録として書き記したいと思います。

今やSNSを活用する際に、写真や動画はつきものですね。

iPhoneなどのスマートフォンやコンデジ、デジイチ、ビデオなどを使って動画に編集する際、それぞれのアスペクト比が違うので編集する際、知っておくと便利です。

アスペクト比とは縦、横の画像の比率を意味し、[3:2]、[4:3]、[16:9]、[1:1]がよく使われています。

それぞれの機材によって写る比率は違うようですが、

私の場合


●iPhoneやコンデジは[4:3]
●デジイチ・コンデジは[3:2]
●iPhoneを含むビデオ撮影は[16:9]
●インスタグラムなどは[1:1](スクエア)

では、どんな風に見えるか、画像の切り抜きではありますが、見てみましょう!

iPhoneやコンデジのアスペクト比 [4:3]

画面の横縦比

デジイチ・コンデジのアスペクト比 [3:2]

アスペクト比

iPhoneを含むビデオ撮影のアスペクト比 [16:9]

画面の横縦比

インスタグラムなどのアスペクト比 [1:1](スクエア)

アスペクト比

今や4Kの時代ですが、1920×1080[16:9]のアスペクト比でYouTubeなどはアップされています。

静止画と動画を組み合わせ動画にする際、静止画を1920×1080に切り取ると違和感のない動画になります。

私自身もよく忘れてしまうので、備忘録として書き留めておきます。

私が心がけていること

ブログ記事を書く際、私が注意していることは、アイキャッチ画像は縦横比[16:9]、本文内の画像は縦横比[3:2]になるべくしています。
統一感があることで、見た目が綺麗になるのと、画像の縦が長いと見ている方がスクロールする手間が大変だと思い、心がけています。

PhotoShop CCもピクセル表示ばかりでなく、縦横比で切り取れるようになっているので、便利ですね!

今回は動画や写真、あるいはiPhone、デジイチ、コンデジと機材を使い分けていると、どの比率だっけ?と忘れてしまうので、私の備忘録として記事にしました。
ご参考になったでしょうか!?

CreateSho
最後までご覧いただき、ありがとうございます

  • この記事を書いた人

CreateSho

神奈川・東京でホームページ制作,映像制作,写真撮影を中心に行っています。YouTubeにおいて実践していることを活かし、お客様へのサポートも行っております。どうぞよろしくお願いします(^_-)-☆

-写真・動画
-,

Copyright© クリエイトアイ , 2019 All Rights Reserved.