IT活用術 デジタルアシスト

【オンラインの基本】 気をつけること5カ条

投稿日:

ビデオ会議,注意事項
CreateSho
こんにちは、クリエイトアイ石原です。ご覧いただき、ありがとうございます😊

『緊急事態宣言』も延長になることがほぼ決まり、長いトンネルからまだまだ抜けられないですね!

というわけで、リモートワークは続きそうです!

今や『Zoom』や『Teams』などのビデオ会議システムを使って打ち合わせするのが当たり前になり、いろいろな方とオンラインで話す機会が多いですが、急にオンラインになってマナーを意外と知らない方が多いのにビックリしました。

そこで、私が気をつけているビデオ会議マナーを記述したいと思います。

ここで知っておいて欲しいことは、

『リアルとネットは考え方は同じ、あるいはそれ以上に気をつけよう!!』

です。

ビデオ会議,注意事項

相手からみたときの目線に気をつけよう!

ノートPCですとビデオ会議しているときに、どうしてもカメラを見下ろすようになってしまいますよね!
相手から見ると上から目線になってしまい、相手を見下しているように見えるのでまずいです。

実際にリアルで会うときは、同じぐらいの目線で話しますよね!

だから、カメラの位置は自分の目線と同じぐらいに合わせるよう、段ボール等 台をおいて対応してみてはいかがでしょうか?

着ているものにも気をつけよう!

ビデオ会議,注意事項

いくら自宅からといって部屋着やスウェットで会議に望むのはどうでしょうか!

もし、リアルで外で話すとき、そんな洋服で出かけますか?

リアルもネットも同じことです。ネットの場合は余計アラが出ますので、いくらよく知っている方でも『親しき中にも礼儀あり』というように気をつけたいものです😊

姿勢に気をつけよう!

たまに見かけるのですが、複数人でオンライン会議をしているとき、自分は聞いている側なので、椅子でふんずりかえっていたりする人がいます。

リアルでは話している人に目はいきますがオンラインの場合、みんなが写っているので、ふんずりかえっていたり肘をついていたりする姿は余計目に留まり安いので、身に覚えがある方はお気をつけください。

生活感を出さないように背景にも気をつけよう!

ビデオ会議,注意事項

リアルで事務所等で話している場合は、ビジネスモードになりますが、自宅の場合、どうしても背景に生活感が出てしまい、相手もビジネスモードになりづらかったり、商談なんかは尚更やりづらいですよね♪

私の場合は、背景をグリーンバック機材をおき、バーチャル背景で雰囲気作りをしています。

機材に関しては、Amazonで購入して使っています。
コンパクトになるので、使わないときは片付けられるので重宝しています😊

周りの環境音に気をつけよう!

ビデオ会議,注意事項

1対1の場合は、相手から聞こえてくる環境音はさほど気になりませんが、複数人でオンライン会議をしていると複数人からそれぞれ音楽や家族の声、TVの音など環境音を拾って、話している相手の声が聞き取りづらい場合もあります。

できれば、ヘッドセットマイクがあると環境音を拾いづらいので会議している仲間からみてみるとマナーがちゃんとできていると思われるでしょう!

以上のように、ビデオ会議を行う際、最低限準備して欲しいことを記述しました。

リアルで会っていたときは感じなかったことが、オンラインになってその人のイメージが変わる場合は、多々あると思いますので気をつけましょう!

と、、、自分にも言い聞かせています(笑)

『リアルとネットは考え方は同じ、あるいはそれ以上に気をつけよう!!』

というお話でした!

少しでも参考になれば、幸いです。

友だち追加

CreateSho
最後までご覧いただき、ありがとうございます😊それでは、また✋

EnjoyStayHomeWeek😊

Stay Home

 

  • この記事を書いた人

CreateSho

神奈川・東京でホームページ制作,映像制作,写真撮影を中心に行っています。YouTubeにおいて実践していることを活かし、お客様へのサポートも行っております。どうぞよろしくお願いします(^_-)-☆

-IT活用術, デジタルアシスト

Copyright© クリエイトアイ , 2020 All Rights Reserved.